CADの導入に際して注目しておきたいポイントは?


日々の業務に対応しているソフトを選択しよう

CADは、機械製品や自動車、家具などの開発現場やデザイン事務所、工務店といった様々な事業所で業務に欠かせないものとして扱われています。CAD導入の目的や使い方は事業所ごとに違いがありますが、近い将来に導入をしたい場合には、現場の従業員から聞き取りをしたり色々なCAD専用のソフトの特徴を調べたりすることが重要となります。また、日々の業務に対応をしているソフトを選択するうえで、数あるCADのソフトの開発元のウェブサイトやパンフレットをチェックするのはもちろん、多くの事業所に採用されているソフトについて法人営業の担当者に紹介してもらうのもおすすめです。なお、ソフトによってはオーダーメードで導入に時間やコストが掛かるものもあるため、慎重に計画を立てることがポイントです。

CADの操作に慣れていない従業員への研修も大切

CADのソフトを正しく活用するには、ソフトの種類や使い道によりますが、コンピュータグラフィックスに関するある程度の知識や経験が必要となります。また、専用のソフトを導入した後に速やかに必要な操作ができるよう、個々の従業員に対して丁寧に研修を行うことも大切です。大手企業の中には、初めてCADのソフトの導入をする時に、外部の講師による研修会やセミナーを開催したり、社内のITスキルの高い従業員に若手の指導を担当させたりしているところもあります。また、CADソフトに慣れていない従業員の数が多い事業所においては、様々なソフトの中でも、最低限の機能が備わっているものや、初心者でも操作方法を簡単に覚えられるものを選ぶと良いでしょう。

電気CADは、複雑な電気回路設計をコンピュータ上で行うためのツールです。マニュアル通り使用すれば、図面通りの設計を行うことが出来ます。